月別アーカイブ: 2016年10月

掃除機エコモード故障

掃除機のエコモードが壊れた
ヘッドのオンオフ機構のスイッチ故障
掃除のときのヘッド衝撃がスイッチに伝わり
ヘッドを床から持ち上げたときにスリープモードになるのがエコモード
床から持ち上げても運転停止しない
掃除中なのに運転停止
初期症状はスイッチがオンしたりオフしたり
ヘッドに衝撃を与えたら切り替わってだましだまし使っていた
全く運転しなくなった
別の強弱モードは問題ない
スイッチに関係ないから
問題なのはヘッド持ち上がりに連動して回転ブラシが動くこと
床掃除大問題
回転ブラシがあると押す力も軽くて済むのに
ヘッドスイッチのオンオフの構造は分解して分かったが
オンオフしくみは単純で壊れていない
スイッチが壊れている
スイッチ分解
部品が外れている
元に戻しても使っていると壊れる
衝撃耐久試験しているのだろう
壁の下の掃除では壁に当たるもの
物にもガツガツ当たるもの

ヘッド交換する
掃除機を買い替える
掃除機を使わない
強弱モード使用し…でもヘッドブラシが回転しない

紙パックからの買い替え
サイクロンクリーナー初めて使って感動
使ううちに別の不満が積もり積もって
使い捨てではない

自分で修理
スイッチオンオフ機構をなくす
床にヘッドがある状態
基板のパターンを調べ
コードで直結してスイッチ機能をジャンプ
スイッチオン状態
ヘッドを持ち上げてもヘッドは回転状態

エコモードのもう一つの機能
ごみ吸い込み状態感知してパワーコントロール
ごみセンサー連動便利
だからエコモード使いたい
どこにゴミがあるかがわかってくるから必要ないかも
でも掃除の楽しみ方のひとつにはなっている
ゲーム連動すれば楽しみふえるかも

複雑な機能が付けばつくほど故障率が増える
複雑になればなるほどDIYできなくなる
今気付いた
保証期間延長サービスに入っているかも
もう改造してしまった
保証書見て期限確認するのはやめよう
どちらにしても
もう改造してしまった
修理してもらう間は掃除機使用できなくなるし
気にしないこと
掃除機って壊れないイメージだったのに
日本の家電メーカ
撤退せずに持ちこたえろ
カイゼン改善

  
スポンサーリンク
  
  

掃除機コードの長さ

掃除機のコード長さが50cm長ければ
階段の下まで届く
後一段分の長さがあれば床の上に本体が置けるのに
中途半端な長さ。
家の設計時に掃除機のコードの長さを考えてコンセントの位置を決める
掃除機のコード長は5mぐらい
メーカーによって若干違う
設計時のコンセント位置、掃除機コード長を考慮したけど
多めにコンセント設置したけど
微妙に足りない
後から増設するまでもない
延長コードをつければ解決?
長すぎると扱いに不便
そもそも電流に耐えうるコードでないと危ない
黄色テープ以上赤色テープ以下
両方のテープがはがれてなくなっている
昔からテープで変わっていない
はがれないように何かないのか
今は最後まで出し切っている
断線するかも
黄色までコードを出すとか
赤色以上出したらいけないとか
気にせずにできないものか
コードを出し切っていて更に掃除機を引っ張ると
コード先端のプラグが横に引っ張られる
プラグの金具が曲がってしまう
コンセントも壊れるかもしれない

横着せずに別のコンセント差し替える
コードの長い掃除機を買う
コンセントを増設する
届かないところは掃除機を使わない
家をリフォームする
家を建て直す
ゴミ、ホコリを出さない
掃除をしない
自分が掃除をしない
業者に掃除してもらう

コードレス掃除機

現状ではコードレス掃除機メーカー限られてしまう
価格高い
便利をお金で買うしかないの
充電器
充電池寿命
ソーラー充電
床に給電システム
いつの話か
ソーラーパネルもまだ未設置

オール電化ではあるが
電気に頼り過ぎない生活を目指すべきかも
運動不足解消のため
健康のためにも…

201601001%e6%8e%83%e9%99%a4%e6%a9%9f2

  
スポンサーリンク